京都漆塗り職人プロフィール
漆塗り,箔加工の全国対応いたします
漆・箔加工お問い合わせ
フェイスブック
Google+
漆塗り職人「恭」ブログ
漆・メディア掲載
漆修理・漆修復・漆塗り直しのご紹介
2015.04.28更新
松田 漆企画
〒600-8886
京都市下京区西七条北月読町78
TEL/FAX 075-203-1972

→リンク

漆塗り家庭祭壇
漆修理・漆修復・漆塗り直しはお任せください

カトリック・京都河原町三条教会 京都司教区教会製品のご修理

カトリック・京都河原町三条教会 京都司教区
工期 ・ 45日
ご修復費・ 350,000円(一対)

聖人のお骨を荘厳にディスプレイするための製品です。仏具で言うところ仏舎利でしょうか。
今回お預かりの製品は本物の聖人のお骨が収められています。
真ん中の透かしにガラスが組み込まれます。現在は取り外して磨き直しています。
本体も欠落したパーツがたくさんあります。すべて補填。基礎構造も補強の必要がありました。
細かく解体した後、補強を加えて組み直します。この基礎構造の補強が今後の商品寿命につながります。

本体上部と台座部分で、痛み方に違いがあります。修復しますと、木地の素材や工法の違いがありました。
時間が経つと違いが顕著に出ます。
(写真右)非常に古いガラスで薄く、所々にヒビがあり、修復の難しいガラスですが、新品同様まで綺麗にしていただきました。

【完成 状態】【納品・お骨を収めました】

ご修復の完成状態です。納品後に聖人のお骨をお収めいたします。
修復前と見比べていただきますと朱塗り部分と黒漆塗りの塗り分けに違いがあります。
これは修復作業をしますと制作当初の状態がだいたいわかります。
この製品は一度修復作業されており、現状の塗り分けに変わったことと考えます。
新品制作当初の塗り分けに復元です。 このほうが違和感ないですね。
朱漆は特注です。やや濃い目の配合に8部艶です。落ち着いた色合いが荘厳です。黒は蝋色仕上げ。
今回の漆塗りのように、複雑な形状の漆加工も得意としています。
彫刻物(欄間)やオブジェ等の修理・リメイクも可能です。

ふすまの縁・漆塗り修理

京都市・ 某所
工期 ・ 2週間
工事費・ 90,000円(単価15,000×6枚)
 【 漆塗り修理後・襖納品 】

お客様手書きの絵が施された思い入れのある襖です。
縁を外す時は絵を傷付けないように気を配りました。
夏場の暑い時にお預かりしましたので、お客様の部屋は エアコンが効きません。
大急ぎで修理。2週間の工期でお納めしました。

【 漆塗り修理後・襖納品 裏面 】【 漆塗り修理後・襖納品 表面】

住宅の玄関・上がり框の漆塗りの修理

京都市・ 某所
工期 ・ 4日
工事費・ 75,000円(交通費別)

お客様の自宅にて漆塗りの加工をしてきました。
約1.5㎡の上がり框は経年経過から木材を保護するための塗装がほとんど無くなっていました。
そのため木材の傷みが激しく、木割れが多く出ていました。

木割れを補修し、新たに漆塗りを施すことで丈夫で肌触りのいい上がり框となりました。
お客様のご希望で、やや赤い目で奥行感を伴った上質な仕上げとなっています。
完成した上がり框の色合いがお気に召した様子です。

漆は高い抗菌性と防虫効果を持っています。
また、漆に毎日触ることで、光沢が増し、年月が経つごとに漆の塗膜は丈夫なものとなっていきます。
玄関・上がり框に漆塗りは最適です。

ふすまの縁・漆塗り修理

京都市・ 某所
工期 ・ 2週間
修理費・ 60,000円(単価15,000×4枚)

数寄屋造りの京町家。外国の方がお客様です。
立派なお庭をご自身で手入れされています。

玄関を入ってすぐの麩の縁がボロボロとのこと。
「お客様を迎える玄関が・・直せますか?」との問に 古い建具ですので縁だけでも新調をおすすめしましたが 「古くからこの家にある物を大切にしたい」との想いを受け 修理を引き受けました。

たくさんの釘で固められていた縁をなんとか取り外しました。
半艶の漆塗りをご希望でしたので、蝋色漆の立て塗りで仕上げました。
黒くて硬い蝋色漆は摩耗のある麩には最適です。
完成品には感激いただき、ふすまの漆塗り修理を追加注文いただきました。


[蝋色漆・刷毛塗り]