京都漆塗り職人プロフィール
漆塗り,箔加工の全国対応いたします
漆・箔加工お問い合わせ
フェイスブック
Google+
漆塗り職人「恭」ブログ
漆・メディア掲載
漆修理・漆修復・漆塗り直しのご紹介
2015.04.28更新
松田 漆企画
〒600-8886
京都市下京区西七条北月読町78
TEL 075-754-7075
FAX 075-314-3437

→リンク

漆塗り家庭祭壇
お寺の漆塗り
山口県 下関 本願寺派のお寺
山口県 下関 本願寺派のお寺
漆塗りの現場作業にて。 約 800 坪(70 m²)
約 120 人工 60 日工期 地長押 蠟色仕上げ
壇框 黒立て塗り
その他金箔仕上げ
広島県 本願寺派のお寺
広島県 本願寺派のお寺 広島県 本願寺派のお寺
大崎上島のお寺にて。
潮風の影響かな。
劣化が激しく、柱などはひび割れがすごかったですね。
柱 黒立塗り仕上げ
長押し 金箔仕上げ
地長押し 蝋色仕上げ
鹿児島 出水 本願寺派のお寺
鹿児島 出水 本願寺派のお寺 本間、両余間ふくめて約 600 坪(50 m²) 応援で御邪魔しました。 工期約 100 日
総人工 約 200 人の漆塗り工事です。

地長押し 蝋色仕上げ。
その他 金箔仕上げ。
熊本市内 本願寺派のお寺
熊本市内 本願寺派のお寺 床の拭き漆
約 250 坪(20 m²) 新調された檜材を 弁柄で赤い目に着色した拭き漆
工期 10日
人工 20人
奈良県 田原本 本願寺派のお寺
奈良県 田原本 本願寺派のお寺
SIGN
欅を住職が自ら彫っていただき、当店で拭き漆、文字は黒漆、朱塗りで仕上げた看板です。 約 1600 ミリの無垢欅は重たい(笑)
皮を取ったアウトラインが自然で美しい。 西日か当たりますので、若干、松煙で黒い目に着色してあります。 文字の黒漆にも松煙を練り込みました。
綺麗な状態が続くと嬉しいです。
埼玉県 成正寺様
漆塗りといえば皆さんが連想されるのが、まず工芸品だと思います。
漆の持つ魅力といえば透きとおるような艶、もっちりした肌触りなどが挙げられます。
加工のし易さなどから蒔絵や沈金、金箔などの芸を凝らした工芸品も数多く生産され、
高級感や上品さを演出できるところから高級な工芸品とされています。

【工事初旬の様子】
埼玉県 成正寺様
現場の養生だけでも 2 週間かかりましたね。 大勢で足場を組んだり畳を上げたりで、慌ただしく時間が過ぎていました。

【漆塗り下地段階】
埼玉県 成正寺様
【漆塗り完成状態】
埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様
漆塗りの工程だけで、約 2 ヶ月かかりました。
塗り坪が約 500 坪。
ほとんどの作業を下地についやします。本堅地での下地は伝統的な工法で作業します。 道具も全て手作りです。
木で作る木ベラは現場の部材の寸法にあわせて現場で製作します。丸い柱は丸にあわせて作ったりです。
下地の硬さも作業工程ごとに変えて行き、仕上げに近づくほどに、細かい粒子に変えていきます。
伴って木ベラの硬さ加減もかえていきます。い〜っぱいの道具をその都度つくるのよ!
良い仕事のためにはいい道具作りが大切です。道具を作るにも技術が必要!
京都から技術力の高い同業の職人仲間が応援に駆けつけてくれました。
助かったよ~(笑)

【金箔施工後】
埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様
漆塗りのあとは金箔の職人が10日間で施工してくれました。
この時、12月。
寒い環境の中、漆の調子を合わせて綺麗に乾かしてくれました。
漆は湿度と温度が高くないと乾かないんですね。
特に金箔を接着させる漆は乾きにくいんです。
失敗すると不乾なんてこともありますから冬場の現場は怖いのよ。
柱の中心に合わせて打ち付けた金物は六葉といいます。
釘隠しの意味合いで錺でもありますね。
金箔を施すことで朱塗りした高粱の面を引き立たせて魅せることができます。
また、面の朱塗りが金箔をより荘厳にみせることができます。
金箔や、漆塗りを格好よく魅せるためのテクニックでトータルバランスを考慮してこのプランを採用いたしました。

埼玉県 成正寺様 埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様 埼玉県 成正寺様

あらかじめ用意していた彩色の数々。左上は天人。
右上は水鳥ですね。巻下げも格好よく寸法、図柄を合わせています。
下地にはすべて本金の金紙を使用しています。

【完成】
埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様
埼玉県 成正寺様
三重県 善西寺様
人天蓋と筬欄間を製作しました。
人天蓋は 3 尺 5 寸。余間境には 8 尺の筬欄間を 2 枚並べて施工しました。
馬簾は金襴で。

【筬欄間は面金仕様】
三重県 善西寺様
三重県 善西寺様

奈良県 寳山寺様
現場でお厨子を修復です。
ガラスにサギ(鳥)が突撃(>_<) 大破したガラスでお厨子が傷だらけに。。
解体しての修復は大仕事ですので、現場での修復を選択しました。 新品同様とはいきませんが、ご要望に沿って要領よく仕事いたします。

ビフォー アフター
奈良県 寳山寺様 奈良県 寳山寺様

三重県 空念寺様
大谷派の宮殿の仕立て風景です。
大谷派の御宮殿は錺金具が多い。
一週間ほどかけて仕立てました。
三重県 空念寺様 三重県 空念寺様

兵庫県 西福寺様
本願寺派の宮殿修復です。
本願寺派の宮殿の特徴は、金箔をふんだんに使った荘厳な仕上げ。
新品同様の状態への修復です。
金箔を擦らさないように気を配りながらの仕立てをしました。

兵庫県 西福寺様

11尺(約3.3m)の内陣上がり框を総蝋色仕上げです。
写真は漆を塗り重ねる前に、駿河炭で漆塗膜を平滑に磨いているところです。
兵庫県 西福寺様
山口県 西福寺様
外陣焼香机。お預かりしたときは痛みが激しくて、バラバラの状態でした。仏具専門の木工所で復元して、 新品同様に漆の塗り替えをしました。そして天場は総蝋色。その他、総金箔仕上げです。お賽銭入れ完備。 お客さん大喜びで「これうちにあったやつ?(笑)」って感じでしたね。

山口県 西福寺様
広島県 本願寺派
間違いなく本気出して創りました!
超上級品の登高座。お寺さんが座る仏具ですね。
仕立て「組み立て」が難しいのよ。
それぞれのパーツは線が細いのに丈夫に組まなあかんしね。座るもんなぁ。
まあ上出来では!
今までしでかしてきた失敗が 自信と実力になってます。
総金箔漆養生仕上げ。

【面朱&手彫り径台】
広島県 本願寺派のお寺様
京都市内 本願寺派
大きな京仏壇でしたので、組み立てた状態で搬入できなかったため、お仏壇の組立作業を客様の家で 行いました。
仕立て作業は延べ 3 週間を要しました。
3 尺 3 寸の京仏壇で本三方開き中逗子入りと最高級のお仏壇です。
本三方とは雨戸と障子共に、扉が 6 枚あって、両脇の奥から扉が開く構造となっています。 大きな仏間に施工することが多く、奥から扉を開けると、5 尺を超えた幅となるため存在感はすばらしい。 しかし、超~仕立てが難しいため、めっちゃ難儀しましたで(笑)
お寺の御内仏としてお使いいただきます。

京都市内 本願寺派
奈良県 淨照寺様
法事などを執り行えるホールを増設されました。
御宮殿とそれを取り囲むように前机を製作させていただきました。

御宮殿は非常に古いタイプで 4 本の柱で構造されています。
今回は内陣三方壁に施された作家さんの壁画をしっかりと魅せたいので、 宮殿の背板を取り外しました。

奈良県 淨照寺様
前机は壁画に雰囲気を合わせてグリーンの箔を使用いたしました。
正面をかまぼこの様に丸く創り、柔らかい雰囲気を創ると共に、宮殿の前の動線を 広く取れる工夫がしてあります。
奈良県 淨照寺様
宮殿の周りを前と両脇の 3 点の机で囲んでいます。
全て可動式ですので、机の置き方に様々なバリエーションをもたらすことができます。
このことにより、様々な法事のニーズに対応可能です。
本願寺派
本願寺派の前机の製作段階です。
六鳥といいまして、腰板の飾りに6種類の鳥を施します。
本願寺派 本願寺派
天板を支える四角には龍の彫刻を施した袖彫りがあり、
色鮮やかに仕上がっています。
ベースには黒い目の朱塗りで。
規則正しく造られた木地と錺金物を打っています。
みんなが綺麗に作ってくれた仕上げを担当しますので
ミスは禁物ですね。
緊張感のある仕立てです。